タオバオでアフィリエイト!? 淘宝客推广

中国にはたくさんのユーザーを抱えるSNSがたくさんありますが、その中でもWeiboはかなり大きな影響力を持っています。

日本でも有名人が商品を紹介してお金を稼ぐ人々がいるように、中国にも知名度を活かしてお金を稼いでいる人がいます。

今回は、どうやって中国のSNSでお金を稼ぐのかについて調べてみます。

タオバオ(淘宝)で売られている商品を紹介して稼ぐ!

日本でもアフィリエイトという方法を使い、商品を紹介してお金を稼ぐ方法がありますね。

Amazonや楽天の商品のリンクを貼って、そこからサイトに来てもらい、商品を購入してもらうことで、数%のお金を稼ぐ仕組みです。

中国で大きなネット上のお店といえば、ジャック・マー率いるアリババが運営するタオバオ(淘宝)が有名です。

もちろん、タオバオにも、商品を紹介してもらい、その何%かの紹介料をもらえる仕組みがあるわけです。

そしてその方法が、淘宝客推广です。

淘宝客と言うのは、youtubeやアフィリエイトをしてお金を稼ぐ人をユーチューバーや、アフィリエイターと呼んだりするように、淘宝で商品紹介をして稼ぐ人淘宝客と呼びます。

そして、推广は、推薦の「推」と広告の「広」。

まさに、おすすめの商品を広めて稼ぐ、ということですね。

淘宝客は、お客さんにリンクをクリックしてもらい、商品を売ることで数%の紹介料を得る方法ですが、その他にも、

钻展:サイトや広告を閲覧してもらった数によって収益が発生。

直通车:お客さんにクリックをしてもらうだけで収益が発生。

麻吉宝:この仕組みは比較的新しい仕組み。淘宝客と違って先にお金を払う必要がある。クリック率や購入率のデータを参考にして収益が計算される。先にお金を払う必要があるため、比較的大きなサイトや会社向けのサービスと思われる。

タオバオで稼ぐためには、支付宝の口座が必要です。

タオバオのアフィリエイトのサイト、「アリママ」から詳細を知ることができます。

https://pub.alimama.com/

ぜひコメントをお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

上海を中心に、中国関連の気になる出来事を発信しています。時々関係ないことも書きます。学生時代に上海留学。現在は日本で会社員生活。いつか中国で書きたい。91年生まれ。