中国で15日以内の短期の観光の場合、ビザは不要です。

中国に旅行・観光を思い立った時、「あれ?中国ってビザ必要?」って心配になりますよね。

タイトルに結論は書いてありますが、

15日以内の観光目的の渡航の場合には、ビザは不要です。

在日本中国大使館のホームページの内容を転記します。

三,一般旅券を所持する日本,シンガポール,ブルネイの3ヵ国国民が,中国へ観光,商用,親族知人訪問或いは通過の目的で入国する場合,滞在日数が入国した日から15日以内であればビザが免除され,外国人向けに開放された空港,港から入国できる.但し,上記の3カ国国民のうち,下記該当する者は事前にビザを申請しなければならない.

1,一般旅券を所持し,観光,商用,親族知人訪問の目的で滞在が15日間を越える者

2,一般旅券を所持し,留学,就労,定住,取材の目的で訪中する者

3,外交,公用旅券を所持する者

http://www.china-embassy.or.jp/jpn/lsfu/hzqzyw/t938315.htm

(中国大使館トップページ > 領事業務 > 旅券・査証業務>「ビザ申請手続きについて」)

 

観光を目的として中国に行く人向けに簡単に書くと、以下のようになります。

日本人が、観光目的で15日間以内に帰国する場合には、ビザの申請は要らない」

ただし、以下に当てはまる人はビザを取ってね。

1.15日を超えてしまう人。

2.留学、就学、定住、取材目的の人。

3.外交、公用のパスポートを持って入国する人。

 

ということなので、中国に15日以内の短期の観光に行く場合、ビザは必要ないわけです。

ただし、15日以内の訪中であっても、留学、就学、定住、取材といった、純粋に観光と呼べない目的で入国する場合には、ビザが必要となってしまいます。

その場合は、中国大使館のサイトから、ビザ申請のために必要な書類をそろえて手続きをして下さい。

http://www.china-embassy.or.jp/jpn/lsfu/hzqzyw/t938315.htm

(中国大使館トップページ > 領事業務 > 旅券・査証業務>「ビザ申請手続きについて」)

 

*ビザが必要・不要の規定は、中国政府の方針によって変わることがあります。

必ず一度は、上記リンク先の中国大使館のサイトを読んで、最新の情報を取得して下さい。

ぜひコメントをお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

上海を中心に、中国関連の気になる出来事を発信しています。時々関係ないことも書きます。学生時代に上海留学。現在は日本で会社員生活。いつか中国で書きたい。91年生まれ。