中国人のスマホのアプリが気になって夜も眠れない

どうもこんにちは。

今回はふと思いついた、

「上海人ってスマホん中にどんなアプリ入れてんの?」

って疑問を解消していきたいと思います。

ということで早速、スマホの画面をスクリーンショットして送ってもらいました。

1ページ目


1ページ目、これはよく見るトップページですね。

日本人もたいして変わりません。

気になるのは、後ろの背景画像ですね。

誰?

有名な人?

誰か知っている人は教えてください。

中国大陸って今までソフトコンテンツ不足感があって、有名な俳優と言ったら台湾や香港出身の人だったりするんですよね。

自国のコンテンツが乏しかったから、欧米の音楽やファッションといった文化に詳しくなります。

上海に行ってみたら分かると思います。

中国は世界の情報が入って来るってことに。

日本はコンテンツが充実してるからこそ、あんまり外を観てないですよね。

音楽シーンを観ても、日本の中だけで完結しちゃってる感があって、残念です。

中国人は韓国の歌手の韓国語の曲を聞いて、韓国語でカラオケを唄うんですが、日本人は韓国の歌手の音楽でさえ日本語で聞きたがる。

謎です。

2・3ページ目


2・3ページ目は、日本では見慣れないアプリがたくさんありますね。

この辺、ちょっと詳しく観ていきましょう。



この辺はお金関係のアプリが並んでいますね。

「$$$」

これは金融関係のアプリですね。

火币・・・「Huo bi」中国で有名なビットコインの取引所

https://www.huobi.com/

OKCoin・・・こちらも同じくビットコインの取引所です。

https://www.okcoin.cn/

その他は中国国内の銀行のインターネットバンキングのアプリですね。

ビットコインにしても、インターネットバンキングにしても、日本は中国より先に始まっていたはずなのに、今や遠く遅れてしまいました。

これはシステム開発者の努力の問題というよりは、日本の文化の土壌によるものと思います。

日本人は先にリスクを考える。中国人は先に利益を考える。

もちろんそんな簡単に一般化しちゃいけないのだけれど、そういう傾向は観られるということです。

顔文字のやつ

二枚目のスクリーンショットを観てみます。

顔文字が何を意味するのかは不明ですが、お買い物関係のアプリですね。

「洋码头」・・・Yangmatou これは、海外の商品を中国から注文するためのアプリですね。

ZOZOTOWNのイメージに近いのかな。

http://www.ymatou.com/

买买买

支付宝・・・Zhifubao  アリペイ  これは最近日本のコンビニのレジとかでもよく見るので知っている人も多いと思います。

スマホひとつでお店の決済から、ネット決済、なんでもできます。

この数年の中国のスマホ決済の発展のスピードを観ていると、日本の現状を見て涙が出ます。

https://www.alipay.com/

饿了么・・・eleme  「お腹すいた?」出前アプリです。

今自分がいるエリアの近くのお店を検索して、注文することができます。

https://www.ele.me/home/

大麦・・・damai  中国全土のコンサートやイベントを検索し、チケットを購入できるアプリです。

https://www.damai.cn/

おわり

ということで、まだまだ紹介したいアプリはたくさんあるのですが、今日はもう夜遅いので寝ます。

またその機になったら、続きを書きますので、ご興味ありましたら一週間後くらいにまた見に来て下さい〜!

それでは!

ぜひコメントをお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

上海を中心に、中国関連の気になる出来事を発信しています。時々関係ないことも書きます。学生時代に上海留学。現在は日本で会社員生活。いつか中国で書きたい。91年生まれ。