上海旅行の持ち物リスト。上海には必須のモノがある!

この記事を書いている僕は、上海が好きで、今までに7回ほど上海へ遊びに行きました。

旅行に行ってから、「あ!あれがない!」なんて、後悔した経験はありませんか?

そんなことになる前に、このページを一度チェックしてみて下さい。

僕が絶対に持っていく物

ティッシュペーパー

これ、絶対必要。トイレに入って、「か、紙がないー!」なんて上海に限らず中国ではよくあること。

トイレによっては水流が弱く、詰まってしまう可能性もあるので、流せるタイプをおすすめします。

マスク

PM2.5から喉を守りましょう。

空気がひどいときには、ほんとに喉が痛くなります。

中国のコンビニでも買えるのだけれど、日本製がお好きでしょ?

正直、僕は上海の空気には慣れっこなのですが、飛行機の空気の乾燥は辛い。

喉を守るために、マスクは持っていきましょう。

酔い止め

これは僕だけかもしれないんですが、飛行機に酔いやすい人は、乗る30分前に飲むことをおすすめします。

旅行先で、飛行機から降りてまだ気持ちが悪いなんて、できるだけ避けたいですよね。

酔い止めを飲むと眠たくなるので、飛行機の退屈な時間もあっという間に過ごせます。

どんなものでも構わないと思うのですが、僕はずっと、「アネロン」を使っています。

海外コンセント変換プラグ

これもあった方がなにかと便利です。

ホテルの部屋のコンセントには日本の形の穴もあるのですが、このアダプタを差せば、使えるコンセントの数を増やすことができます。

旅行の時って、スマホ充電して、カメラのバッテリー充電して、スマホの持ち歩くバッテリーを充電して・・・と、結構コンセント使うんですよね。

圧縮パック

衣類を袋に入れ、空気を抜くと、小さくしてバッグに入れることができます。

旅行かばんが大きいと、移動だけで結構疲れてしまいますし、「お土産をたくさん買いすぎて、入れるスペースない!」なんて、悲しいですよね。

僕はズボラなので、Lサイズを10枚ほど買って、適当に衣服を突っ込んで小さくしてしまいます。

デジタルスケール(秤)

僕はよく、格安航空券を購入して上海に行くので、荷物の重さ制限は毎回気になります。

吊り下げ式の電子はかりなら、小さくて軽くて持ち運びも楽だし、キャリーケースをぶら下げるだけで重さが計れてしまいます。

帰りの飛行機では、お土産の分増えるので、その重さも気をつけないといけません。

 

ここからは、あると便利なもの

wifiルーター or 中国での使えるSIMカード

できればあったほうが良いもの。

まあ、ホテルには無料のwifiがあるし、中国だと喫茶店にも無料のwifiがあるのが当たり前なので、そんなに不自由はないのかもしれません。

無料で使えるwifiは、セキュリティ上に心配があることもあるので、安心してデータ通信したい場合には、Wifiレンタルしていくのが良いでしょう。

wifiルーターをレンタルするときには、VPNが使えるものを選びましょう。

もし、中国に行って、Twitter,Facebook、Googleの各種アプリを使いたいなら、VPNが必要です。

中国のネットは巨大な壁によって世界と隔離してあるのですが、このVPNは、この壁に穴を開けて、世界とのつながりを確保してくれるようなイメージです。

ただ、過信は禁物です。VPNは日によって、時間によって、繋がりにくくなることがあります。

その時は、中国の動画サイトで、思い切り無料動画を楽しみましょう。

ここからは、逆に要らない物

変圧器

確かに、日本と中国では電圧が異なります。

日本の一般家庭で使っているヘアドライヤーを中国で使うと、一瞬で壊れます。

でも、スマホやパソコン、カメラなど、海外旅行に持っていきそうなものって、大体の製品はどんな電圧にも対応しているんですよね。

一つだけ注意してほしいことは、そのケーブル、中国の200ボルトに対応してますか?ということ。

パソコンやスマホのケーブルで、日本の電圧以外に対応していないものもあるので、確認してから旅行に行きましょう。

もしあったとしても、変圧機を買うというより、対応するケーブルを購入する方が安上がりです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ティッシュペーパーやマスクは、上海ならではの必要な持ち物かと思います。

中国の中でも上海は美味しいもの、楽しいことがたくさん詰まった都市です。

出発の前に、格安航空券を調べよう。



ぜひコメントをお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

上海を中心に、中国関連の気になる出来事を発信しています。時々関係ないことも書きます。学生時代に上海留学。現在は日本で会社員生活。いつか中国で書きたい。91年生まれ。