iPhoneの画面の見過ぎで頭痛くなってない?Night Shift(ナイトシフト)を活用せよ

iPhoneユーザーの皆さん、Night Shift使ってますか?

Night Shiftというのは、スマホの画面から発せられるブルーライトを、カットしてくれる機能です。

ブルーライトカットのメガネもありますが、一番有効なのは、そもそも画面からブルーライトをカットしてしまうことなのです。

ブルーライトをカットせよ

僕は言いたい。みんな、Night Shiftもっと使おうよと。

目ってとても大事。

僕は小学生からメガネをかけているのですが、メガネなしで世界を眺められたら、と時々思ったりします。

これ以上目が悪くなって、度の強いレンズをつけることになって、肩こりに悩んだりしていたら、QOL(Quality Of Life)にかなり影響があります。

Night Shift使ったことない人は、是非一度使ってみてほしい。目の疲れ方が全然違うことを分かってもらえると思います。

使い方解説

使い方はかなり簡単です。

3D Touch 対応の場合

3D touch対応のiPhoneの場合、コントロールセンターを開いて、画面の明るさを変える箇所を、強めに押します。

するとNight Shiftのボタンがあるので、ここでオン/オフが切り替えできます。

3D Touch 非対応のiPhoneの場合

設定アプリから進みましょう。

画面表示と明るさ→

Night Shift→

「手動で明日まで有効にする」をタップすれば、オン/オフが切り替えできます。

その下にある、「色温度」を右に向かってスライドしていけば、画面のブルーライトカットの度合いを強くしてくれます。

強くすればするほど、画面が黄色がかってきますが、そのうち慣れます。

というか、使っているうちに、黄色くせずにいられなくなるでしょう。

それだけ、そのままの画面は目に負担が大きいのです。

「時間指定」

そのままの設定だと、次の日の昼には元の画面に戻ってしまいます。僕の場合は、ずっとブルーライトをカットしておきたいので、時間指定を設定しています。午前3時にカット開始、午前2時59分に終了するようにしておけば、寝てる間に切り替わるので、起きてるときはずっとブルーライトカットの状態というわけです。

おわりに

Night Shiftの使い方、お分かりいただけましたか?

今回はiPhoneでの解説でしたが、androidのスマホでも、ブルーライトカットの機能がある機種があるそうです。

是非試してみてください。

みんなで目をいたわっていきましょう!

ぜひコメントをお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

上海を中心に、中国関連の気になる出来事を発信しています。時々関係ないことも書きます。学生時代に上海留学。現在は日本で会社員生活。いつか中国で書きたい。91年生まれ。