MUJI HOTEL 深セン オープン。これは一度泊まってみたい

今日(2018/1/18)、深センで無印良品が内装デザインをしたホテルの世界一号店がオープンしました。

無印良品がデザインしただけあって、その世界観があふれています。木材とガラスの外壁は落ち着いていてシンプル。

 

 

ホテルの内装もやはり木材の暖かみと白を基調としたシンプルなデザイン。

壁には珪藻土が使われています。珪藻土がホルムアルデヒドを吸収して、カビの発生を抑えてくれるのだそうです。

家具にはいろいろと無印良品の商品が使用されていて、置かれている家具全体の70%は無印良品のものとなっています。

例えば、湯沸かし器、入浴グッズ、スリッパや壁掛けCDプレーヤーなどが置かれています。

ホテルの下の階には無印良品の旗艦店もあるので、実際に使ってみて「良いな」と思ったものは、その場で買えてしまうわけです。

その他にも、スポーツジムがあったり、会議スペースがあったりと、多目的に使えるホテルになっています。

気になるお値段は、もっとも小さい26㎡のお部屋が、950元から。

朝ごはんと、それ以外の一切のサービスを含んだ値段だそうだ。

今のレートだと16,000円くらい。ちょっとお高い。いや、けっこうお高いが、そこは無印良品。

話題性はあるし、深センを訪れるIT系の企業の人たちが利用するのだろう。

この無印良品のホテル、深センの他に、北京と日本の銀座でのオープンを予定しています。

無印良品好きの人にはたまらないこのホテル、一度泊まってどんなものか体験してみたいなぁ。

https://hotel.muji.com/ja/

ぜひコメントをお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

上海を中心に、中国関連の気になる出来事を発信しています。時々関係ないことも書きます。学生時代に上海留学。現在は日本で会社員生活。いつか中国で書きたい。91年生まれ。