書けてるだけでまるまる儲け

ブログを書いて、発信できる幸せ

今回のタイトル、ブログ書いてめっちゃ稼ぐ、って話じゃないよっ
ぼくが言いたいのは、毎日グチってばっかだけど、

このブログ書けてる自分ってめっちゃ幸せだよね、

ってこと。

「書く」という奇跡

特に、「書く」ということは、人類の歴史を考えてみると、非常に稀有な体験

だって、紙が発明されたのっていつよ?

そして、それを一般庶民が気軽に使えるようになったのっていつ?

庶民はついこないだまで、偉い文筆家の先生がお書きになられた文章を消費するしかなかった。

そして、インターネットは生まれ。

僕のような人間がサーバーをレンタルし!

ドメインを取得して、wordpressでブログ作って。

STORKっていうデザインテンプレ買ってチョーきれい!

誰かがちょっと読んでくれる!

みたいな。

こんな素晴らしい体験をできるようになったのは、本当につい最近のことなのだ。

しかも、それをもしかしたら誰かが読んでるかもしれない。

これってホント、マジ感動、涙止まらず川ができちゃうレベルのことなんです


「生きる」ということの幸せは抽象的で僕からはちょっと遠い存在

子供の頃の友達で、大学生の時から病院の入退院を繰り返している子がいます。

この前、彼のおみまいに行って思った。

毎日取るに足りない日常を過ごす僕の生活も、もしかしたら彼にとっては羨ましいことなのかもしれない。

(まあ、これは僕の自分勝手な妄想に過ぎないが)

とにかく、自分という存在を、勝手な尺度から解釈しなおしてみて、価値があるかもと思えたわけです。

(それはそれで、すばらしいことだ!)

生きてるだけでまるもうけ

この言葉は、明石家さんまさんの師匠、笑福亭松之助師匠がよく使っていたことから、さんまさんも使うようになったとのことです。

この人の心を打つ名言は、「生」と対極にある「死」と向き合った人からでないと生まれない

「生きてるだけでまるもうけ」を解剖すれば、そこには「死ぬかと思った~、でも、生きてる!バンザイ!」という言葉が隠されているのです

ぼくはとりあえず、生きている

そんな死を思うほどつらい体験したことないけど、

でも僕は書いている!

それは間違いなく21世紀の宇宙的、超魔術的な奇跡体験(なんだそれ笑)

明石家さんまさんの名言が、「生きてるだけで丸儲け」なら、

僕はここで書き、そして誰かに読んでもらえる(かも)、その奇跡体験は、

「書けてるだけでまるまる儲け」なのです

まとめ

「書く」ということは本当に幸せなこと

だからこそ絶対に

妥協しない!

さあ、がんばろうぜっ。

ぜひコメントをお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

上海を中心に、中国関連の気になる出来事を発信しています。時々関係ないことも書きます。学生時代に上海留学。現在は日本で会社員生活。いつか中国で書きたい。91年生まれ。