13インチMacBook Pro 2017が上海からやってきた!(初めてのMacレビュー)

僕が購入した13インチ MacBook Pro 2017のスペックと価格

Touch Bar非搭載モデル

色:スペースグレイ

ディスプレイ:Retinaディスプレイ、2,560 x 1,600ピクセル標準解像度

プロセッサ:2.3GHzデュアルコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大3.6GHz)、64MB eDRAM

ストレージ:126GBと256GBが選べますが、僕は256GBを選択。

メモリ:8GB

キーボードはJISキーボードではなく、USキーボードにしました。

USBーCのポート2つと、イヤホンジャックのみ。

充電はUSB-Cで行います。

価格は消費税込みで177,984円。

アップルの24回払い金利0%を利用して購入します。月7400円の支払い。

MacBook Pro 2017 13インチは上海から送られてきた。

僕がポチったmacbookpro2017は、上海からやってきました。

やっぱり、組み立ては中国でやってるってことなのか。

それにしても、在庫を日本に置いてはおかなかったんだな。

もしかしたら、キーボードをUSタイプにカスタマイズしたから、在庫がない?

注文してからちょうど一週間くらいで届きました。

 

MacBook Pro 2017 レビュー

届いてから一ヶ月が経過しましたので、レビューを追記します。

僕はもともとWindowsユーザーでした。

なので、最初は色々と戸惑うところはありました。

が!ほんとに買ってよかった!

まず、ディスプレイの美しさ。

そして、キーボードの打鍵感の気持ちよさ。

最初は、なんかペチペチしてるし、どうなの?って思ってたけど、慣れれば全然気にならないね。

トラックパッドが大きいのと、ジェスチャと呼ばれる、何本かの指で画面を移動したりできるのも、Macならでは。

それから、これは僕が使ってたWindowsノートパソコンのスペックの問題でもあるんだけれど、

MacBook Pro 2017のスピーカーの音は、大きくて、かなりきれいな音が出ていると感じます。

映画やドラマをよく見るので、これはかなりの高ポイントです。

瀬戸弘司さんは、surface proを買った。

僕が生まれて初めてのMacに興奮している一方、尊敬するYoutuberの瀬戸弘司さんは新型surface proを買ったとのこと。サブ機をmacからwindowsに乗り換えるみたいです。

うーん、憧れているばかりだとどんどん置いてかれちゃうなあ。

僕も自分の軸を持って活動していきたい。

クロネコヤマトの中国での名前は?

クロネコヤマトは、中国では「黒猫宅急便」という名前で人々に覚えられています。

でも、日本の物流会社は上海ではそんなに存在感ないかな。上海では、FedExとか、DHLのトラックをよく見かけていました。

中国名物、宅配物広げ。

日本だと、荷物は自宅に送られてきたり、集積所やコンビニに自分で取りに行来ますよね。

中国では、よくこんな光景を見かけます。

道路わきの歩道に、たくさんの荷物が並べてあって、荷物を受け取りに来た人が自分の荷物を探している光景です。自分の荷物を見つけたら、配達人に声をかけてもっていくわけです。

「え?大丈夫、盗まれたりしない?」って心配になりますが、ネット通販が爆発的に拡大している中国では、一人ひとりに配る余裕なんてありません。

日本だって、現状一人ひとりに配るスタイルの配達方法は崩壊しかけてますよね。

特に、11月11日は、「一人身の日」とか「独身の日」といって、自分へのプレゼントを買う日ということになっています。その日に合わせて、各社セール品や特別商品を用意して大いに盛り上がるのですが、その日から一週間くらいは、道端が大変なことになります。

大学生だと、自分の寮の近くまで配達させるので、道が通れないくらいに荷物が広げられていました。

MacとWindows、どっちを選ぶべきなのか。

二つのOSを使ってみて、分かったことがあります。

どちらを選ぶべきか、と聞かれれば、僕なら「どっちも!」と答えます。

MacにもWindowsにも、どちらかじゃないと使えないソフトが存在します。

が、他に替えられるソフトはきっと存在します。

だから、どちらを選んでも、差し障りはないのだと思います。

でも、どうせなら、「このソフト使ってみたいなー」と思った時、そのソフトが使えた方が良い。

WindowsとMacそれぞれのいいところを使いこなすのが、一番楽しいな、というのが僕の感想です。

それでは、また!

 

ぜひコメントをお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

上海を中心に、中国関連の気になる出来事を発信しています。時々関係ないことも書きます。学生時代に上海留学。現在は日本で会社員生活。いつか中国で書きたい。91年生まれ。