Lightroom CC 大切な写真はRAWで撮ろう

スマホのカメラがかなり使えるようになった時代。

重たい一眼レフカメラを持ち歩かずとも、ステキな写真が撮れるようになりました。

皆さんは普段、どんなアプリを使って写真を撮っているでしょうか。

撮影アプリ、何を使ってますか?

スマホにもともと入っているカメラアプリを使う人もいれば、話題になった「SNOW」や、Googleの「Snapseed」、インスタントカメラの風合いを出せる「FUJI」、無音機能が便利な「Microsoft Pix」、いろんなフィルターが面白い「Prisma」など、あげればキリがありません。

写真に特にこだわりがなければ、スマホにもともと入っているアプリを使えばいいのですが、目的があるのなら、それに適したアプリを使いたいですね。

今回紹介する「Lightroom CC」というアプリは、RAW画像で保存できる数少ないアプリの1つです。

RAW画像って何?

スマホで写真を撮ると、レンズを通して入ってきた光のうち、アプリが編集に必要な画像を抽出し、不要な部分を捨てて画像ファイルを作ります。

一度捨てられてしまった光の情報を、もう一度再現するのは大変。

例えば、スマホアプリが明るすぎる部分の光を捨てて、少し暗めに保存した箇所を、もう一度明るく編集しようとすると、画質が荒くなる原因になります。

RAW画像というのは、カメラのレンズを通して入ってきた光の全てを残しておく画像です。

普通の画像ファイルと比べれば、そのデータ容量もとても大きなものになります。

なので、なんでもかんでもRAWで撮るのではなく、自分にとって大切な一枚、後で編集して、満足のいく写真に仕上げたい時、RAW画像で保存しておくと良いと思います。

僕は学生の時、一眼レフカメラを持っていたのですが、ファイル形式に詳しくなく、全部JPEGで保存していました。もったいなかったなぁ〜!

今はスマホでRAW画像が撮れる、最高の時代です。

失敗したくない、ここぞの写真には、RAW画像で撮ってみるのがオススメです。

Lightroom CC 使い方解説

アプリを開くとこんな感じ

右下のカメラマークをタップすると、カメラが起動します。

ファイル形式

上の方にDNGと書いてあります。

これが、Lightroom CCのRAW画像ファイルです。ファイル名は、「◯◯.dng」と表示されます。

RAW画像で撮る必要がないときは、JPEGでも撮れます。

DNGと書いてあるところをタップして、JPGに変えればOK。

そのほかの機能も紹介していきましょう。

右上のてんてんてんをタップ。

縦横比率

左の方から見ていきます。

縦と横の比率を選択できます。

16:9は、最近のスマホの画面のサイズです。

画面いっぱいに画像を広げたいとき、オススメです。

1:1は正方形。instagramでよく使われる比率ですね。

画像比率は後でトリミングもできるので、ある程度好みの問題かと思います。

ちなみに、iphoneの標準アプリで写真を撮った時には、4:3で保存されています。

タイマー

左から二番目は、タイマーです。

2秒・5秒・10秒から選べます。

記念撮影の時なんかに、便利ですね。

グリッド・水平器

左から三番目は、グリッド線の表示です。風景に対して、画像の角度を調整する際、参考になります。

真ん中にあるのは、水平器です。

カメラが斜めになっていないか、確認できます。

画像の中に、白い点が見えます。

この白い点を真ん中に持ってくると、上下の水平を確認することができます。

白飛び

左から四番目のピラミットみたいなやつは、白飛びを確認するための機能。

(無理やり明るくしてみました)

白飛びしている部分に、斜線が表示されます。

フィルター

次は右下を見てみましょう。

6つのフィルターを選ぶことができます。

後で編集するのではなく、ある程度フィルターが付いた状態で、気軽に撮りたいときに使える機能です。

フィルターが付いた状態で写真を撮っても、元々の色の情報は残されているので、色を戻すこともできます。(若干変な感じになる)

プロフェッショナル

最後に、AUTOと書いてあるところをタップしてみましょう。

プロフェッショナルを選びます。

すると、一眼レフカメラのように、設定に必要な機能が出てきます。

Expは露光量補正。明るさを変えられます。

Secはシャッタースピード。1/10000〜1/4秒まで選べます。

スマホでシャッタースピードを変えられるというのは、知らない人も多いのではないでしょうか。夜、車のヘッドライトが流れる様子や、滝で水が落ちる様を、印象的に撮影することができます。

ISOはISO感度の設定

ISO感度を上げれば、暗いところでの撮影でも明るく撮れるのですが、その分画質が落ちてしまいます。バランスが大事。

WBはホワイトバランス。

人間の目は勝手に補正をかけてくれるので、白いものを白いと認識していますが、機械のレンズにはそう映っていません。太陽光の下、曇り空、室内、場所によって、白を白と認識させる、補正が必要です。

WBの右は、マニュアルフォーカス。

フォーカスを合わせたい部分を、自分で選ぶことができます。

フォーカスが合っている部分は、緑色で表示されるので、分かりやすい。

おわりに

ここまで、lightroom CCの使い方を解説してきました。

RAW画像で撮れるこのアプリ、もはや手離せないアプリとなっているのですが、難点もあります。

課金しない状態だと、クラウド保存があんまり使えない、ということ。

僕はAdobeのクラウドサービスにお金を払っているので、必要充分に使えているのですが、課金しない状態だと不便も発生するかも。課金するにも、そんなに安くもないし、多くの人にとっては払うほどでも無いと思う。

だからこそ、ここぞという時、この一枚は大切に撮りたいという時、RAW画像で撮影して、写真がたまらない内にきれいに編集して、JPEGとしてスマホのカメラロールに保存するのがいいのではないかなと思います。

ということで、以上Lightroom CCの紹介でした。

Adobe Lightroom CC – Adobe (iphone)

それでは!

ぜひコメントをお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

上海を中心に、中国関連の気になる出来事を発信しています。時々関係ないことも書きます。学生時代に上海留学。現在は日本で会社員生活。いつか中国で書きたい。91年生まれ。