JAXA筑波宇宙センターで、子供も大人も星空に思いを馳せよう!

連休の初日、

ずーと行きたいと思っていた、筑波宇宙センターに行ってきました!

マンガ・映画「宇宙兄弟」の聖地ですね!


入り口を抜けると目の前にH-ⅡAロケットが!

どどーん!

入り口を入るとすぐに、H-IIA型ロケットが横たわって鎮座していらっしゃいます。

さっそく見学をしていきましょう!

その名も、スペースドーム!

見学していくのはこの建物、

その名も「スペース・ドーム」!

入館無料だとなっ!?

さっそく入ろう!

館内は一つのホールみたいになっていて、その中を矢印に従って進んでいくみたい。

普段、宇宙のことなんて考えて生活してないけど、現代社会の豊かな暮らしには、衛星や宇宙科学の発展が欠かせないんだなー、ふむふむ。

こんな感じのちっちゃいレプリカもあれば・・・、

でっかなっちゃった!(古いか)

こんな感じの実物大のモデルもあります。

ちなみにこちらの写真に写ってるのは、「こうのとり」宇宙ステーションに物資を運ぶための船のような役目をします。

へぇ〜、「こうのとり」って、正式には「宇宙ステーション補給機(HTV)」っていうのか〜。エイチ、ティービィー?ちょっとヤラシイテレビ番組のことですか?(レベル低いことしか思いつかなくてすみません)

この、パカっと開いた場所に、食べ物やら必要物資を詰め込むみたいです。

無重力の中で飛んでいかないようにするには、地球とは違った荷物の置き方をしたりするんでしょうか、すごく気になる・・・。

そして、これですよ、これ。

宇宙ステーション、日本実験棟です。

この中に入るという、貴重な体験ができちゃうんです。

なんとも殺風景ではありますねえ。

インテリアとかあったら、飛んでっちゃうから、シンプルが一番ですね。

不思議な機械類が所狭しと並んでおります。

宇宙飛行士の皆さんは、日々研究に励んでいるわけですね。

週休2日とかあるのかな・・・、たぶんないんだろうな・・・。もし僕が宇宙行くチャンスあるなら、休みなしで研究に没頭したいもんな。

「宇宙兄弟」のセリカさんの涙が眼に浮かぶ・・・。

日本実験棟を出るとそこには!

ロケットのエンジンがっ!

「バルブシステムの内製化を目指す!」と頭の中で「下町ロケット」の帝国重工社長が登場してきた。

娘役の土屋太鳳さん、めっちゃかわいくて好きだったな・・・。(余談)

エンジンってロケット技術の中でも核になる部分だもんね。そうじゃなくても心踊らされる感じ、あの感覚はなんなんだろう。「芸術は爆発だっ」って、岡本太郎は言ったけど、それならエンジンこそ芸術なんだろう。

ん?よく考えたら、ロケットのエンジンは車輪を回転させるわけじゃないから、爆発を繰り返すわけじゃないのか。

ガスを圧縮せずに燃やしてあれだけの巨体を宇宙に運ぶのは、きっと想像以上に難しいことなんだろうな・・・。

そして、H3ロケットの登場です。

日本では今までで一番大きなロケットですね。

2020年、試作一号機打上げ予定です。

さて、こんな感じでぶらぶらと歩いていると、館内の観覧が一通り終わります。

プラネットキューブでお買い物

先ほどの建物を出て、左へ進むと、ショップやちょっとしたイベントスペースのある建物が。

その中で、「JAXA」と書かれた帽子がめっちゃかっこよくて欲しくなった。

Tシャツもかなりいいセンス。お金があったら買ってたな。(買ってないから写真がない。申し訳ない。)

僕が買うか買わないか悩んでギリギリ買わなかった商品がこちら。

宇宙飛行士の背中のところに、ちょこんとスマホをセットできる。

まだ買うか思案中。

こういう、机に並べる系のおもちゃも胸熱ですよね。

宇宙関連グッズが売られている自動販売機があったのでパシャリ。

img_1768-1 img_1770-1

よく見ると、宇宙食ようかんって書いてある。

羊羹をものものしい袋で包んであるけど、普段のあのプラスチックのやつをそのまま持ってっちゃだめなのかな・・・。

六太と日々人がお見送りしてくれました!

img_1766

宇宙兄弟の世界に少し近づけた休日でした。それでは~!

ぜひコメントをお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

上海を中心に、中国関連の気になる出来事を発信しています。時々関係ないことも書きます。学生時代に上海留学。現在は日本で会社員生活。いつか中国で書きたい。91年生まれ。