好きなことで生きる、HIKAKINの生活を見て考えた。

こんにちわ、さきざき(@sak1zak1)です

先日公開された、YoutuberのHIKAKIN氏が自身の生活を紹介する動画に注目が集まっています

こちらの動画で、HIKAKIN氏が動画制作にいかにストイックで、生活をそこに集中させているのかを垣間見ることが出来ます

HIKAKIN氏がどれだけYoutubeで稼いだのかは分からないですが、サラリーマンの一生分くらいは稼いだに違いないと思います。それでも彼が睡眠時間削ってまで働くのはなぜなんでしょうか

好きなことで生きるってどういうことか

好きなことで生きている人って、どんな職業を思いつきますか

プロスポーツ選手とか、タレントとか、俳優とか、カリスマ美容師とか、たくさん思い浮かべることができます

彼らのうち、人々の憧れの的になれるのは、トップ層の一握りです。それくらい厳しい世界であるわけですね

下層の人たちや、その世界に入りたての人は、稼ぐことは大変です。正社員サラリーマンなら、入社初月からしっかりお給料もらえるわけですが

どの世界でも、トップに立つ人はものすごい努力をしています。彼らはお金のために働いているのではなく、その仕事をすることによって広がる世界を見たくて見たくてたまらないのだと思います。僕自身はサラリーマンで、正直休日までその仕事のこと考えていたいとは思えません。そんな職業についていること自体、人生の浪費なのです

HIKAKIN氏はきっと、トップYoutuberとして、努力したら見える世界をひたすら追い続けているのです

堀江貴文氏も、一時期は「金の亡者」のようにマスコミに描かれていましたが、実際には「金」のためでなく、

死を忘れるために働き、死を忘れるために全力疾走し、死を打ち消すために生を充実させていたのだ

《堀江貴文『ゼロ―なにもない自分に小さなイチを足していく―』より》

好きなことで生きるということは、お金のためでなく、ひたすらにその道を極めることなのではないでしょうか

ひたすらに働き、仕事とプライベートの境目もない、そういうことです

あなたは、なんのためにはたらきますか?

お金のために働きますか?(家族を養うっていう言い訳じゃないですか)

あなたが、やりたいことは必ずあるはずです。そんなものないって?それはウソです。あるはずなのに、色んな理由を付けて見ようとしないだけです。

かく言う僕も、やりたいことはあります。それでも社畜をやっているのは、自分に自信がないからかもしれません。

そんなんじゃダメだよね。とにかく今は、目の前のできることを一つひとつやっていくのみだ!

まとめ

  • HIKAKIN氏はものすごく努力している
  • 好きなことで生きること、それはその道を極めること
  • 好きなことを見つけること、そして圧倒的な努力をすること

それでは、さきざき(@sak1zak1)でした!

ぜひコメントをお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

上海を中心に、中国関連の気になる出来事を発信しています。時々関係ないことも書きます。学生時代に上海留学。現在は日本で会社員生活。いつか中国で書きたい。91年生まれ。