大众点评 インバウンド対応必須の時代

中国人観光客はますます増加する

日本政府観光局(JNTO)発表の統計データ「訪日外客数の動向」によると、2017年に中国から日本を訪れた人の累計は、約646万人。

前年比14.2%の増加となりました。2013年から、増加の一途をたどっています。

2020年の東京オリンピックを控える中、インバウンド消費にますます注目が集まっています。

インバウンド関連事業を営む人々、具体的には旅行・飲食・宿泊・お土産を扱う方々は、中国人に対してどのようにアピールすればいいのか、日々頭を悩ませているのではないでしょうか。

今回は、中国の人々が旅行の際参考にしているアプリを紹介します。

それが、大众点评 DaZhong DianPing

日本でいうと食べログのイメージ。

食べログは食べ物に特化していますが、大众点评は食べ物、ホテル、レジャー等旅行に関するものなんでもみんなで評価をつけるサイトです。

アプリを開こう

さっそくアプリを開いてみます。

画面の一番左上に、「日本」と表示されています。この画面が、日本に関する情報のトップページになっています。

日本のままだと情報が広すぎるので、東京に絞ってみます。

左上の「日本」をタップすると、この画面になります。

「国際/港澳台」を選択して、「东京」を探しましょう。

上から画面を見ていきましょう。

日本に旅行に来る時、必ず気になるものが並べられています。

ドラッグストア

ちょっと意外なのは、ドラッグストアではないでしょうか。

日本の化粧品や、品質の良い日用薬、そして日本のお菓子はお土産としてかなり人気です。それらが全て揃っているのが、ドラッグストアなのです。

美食

それでは、「美食」のページから見ていきます。

中国人に人気のお店が並んでいます。注目して欲しいのが、3つの漢字「订」「促」「团」です。

「订」・・・このマークが付いていれば、スマホ上で席の予約を取ることができます。

「促」・・・クーポンがあります。当日スマホの画面を見せれば、サービスが受けられます。

「团」・・・メニューの予約をすることができます。当日行って注文するよりも、値段を安くすることができます。

これらの言葉が並んでいれば、お店の情報をチェックしてもらえる可能性が少しでも上がるのではないでしょうか。

買い物

日本での買い物といえば、なんといっても無印良品とユニクロには人気があります。

もちろん中国でも購入はできるのですが、日本で買う方が断然安いのです。

优惠券というのはクーポン券のこと。各社クーポンを発行しているのが見て取れます。

このページも参考になります。

手信最优选

手信とは、お土産のこと。

それから、こちらのページもとても面白い。

ここをクリックすると、

買い物の観点から、東京の街を案内されています。

ホテル

次はホテルのページ

ホテルを選ぶ時、値段はもちろん大事ですが、それ以上に、アクセスの良さや、清潔感などの口コミが重要です。

ネット上でどのような評価を受けているのか、注意を払う必要がありそうです。

観光

こちらは観光のページ。

それぞれの観光地について、沢山の口コミが寄せられています。

口コミを見て「行きたいっ!」と思ったら、スマホ上ですぐにチケットを購入できます。

例えばこれは、スカイツリーと墨田水族館のチケット両方を一度に買うことができるセット。

トップページを見ると、中国の人々に今、何が人気なのか一目でわかります。

東京ディズニーランド

東京タワー

かに道楽

和服体験

焼肉

と、並んでいます。

特に、和服体験はかなり人気で、中国から日本に旅行に来た若い女性が、SNSに写真をアップしているのをよく見かけます。

きちんとしたカメラマンがいるかどうか、どんな場所で、どんな写真が撮れるのか、そこが大事な点です。

言わずもがな、温泉も大変な人気があります。

温泉って、お湯に浸かっているところを写真に撮ることはできません。

だからこそ、お風呂の外で、浴衣を着ているの姿だったり、日本的な風景を作ったり、写真映えする場所や体験を準備することが大切です。SNSで拡散してもらえるような仕組みが必要です。

おわりに

ということで、大众点评という口コミアプリから、日本のインバウンドマーケティングをいろいろと考えてみました。

実際にアプリを使ってみるのが手っ取り早いのではないでしょうか。

もちろん、サイトもあるので、検索してみるのも良いかと思います。

日本に眠っている素晴らしい観光資源を、眠ったままにせず、海外の方にとってより魅力的なものにしていって欲しいなというのが願いです。

是非、アプリ使ってみて、いろいろと遊んでみてください。

それでは!

ぜひコメントをお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

上海を中心に、中国関連の気になる出来事を発信しています。時々関係ないことも書きます。学生時代に上海留学。現在は日本で会社員生活。いつか中国で書きたい。91年生まれ。