夏目漱石、江戸川乱歩、太宰治…、青空文庫で無料で読もう。

こんにちわ、さきざき(@sak1zak1)です。

みなさん、青空文庫って知ってますか?

青空文庫ってなに?

青空文庫(あおぞらぶんこ)は、著作権が消滅した作品著者が許諾した作品のテキストを公開しているインターネット上の電子図書館である[4]富田倫生野口英司八巻美恵らんむろ・さてぃの4人が呼びかけ人となって発足した[5]日本で著作権切れ作品をオンライン公開する動きの先駆者[6]。2015年の年間アクセス数の合計は880万件以上[7]

《 Wikipedia より》

著作権が切れた小説を、無料で読める法に適合したサービスです。

夏目漱石、江戸川乱歩、太宰治などなど、著名な小説家の作品も掲載されています。

昔の小説なんてつまらない?

いやいやいや笑

僕から言わせたら、昔から現代にまで生き残ってきた小説たちの面白さよ

特に、江戸川乱歩の小説は今でも子供たち読んでるし、大人向けの推理小説だって今読んでもめちゃくちゃおもしろいよ

大正時代の、エロ・グロ・ナンセンス、そういった大衆文化ってものを体現したような小説家だと思う

本屋さんで買うこともできるけど、実は、amazonキンドルのストアでもダウンロード出来る。

その方法は、また今度、紹介しようと思います。

それでは、さきざき(@sak1zak1)でした!

ぜひコメントをお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

上海を中心に、中国関連の気になる出来事を発信しています。時々関係ないことも書きます。学生時代に上海留学。現在は日本で会社員生活。いつか中国で書きたい。91年生まれ。